賃貸にかかる初期費用について

ロフトがある賃貸は、一部屋分のスペースが余分にあるので得です。余裕ある暮らしができそうです。

ロフトがある賃貸は一部屋得する

学生のときロフト有りの賃貸物件に暮らしていましたが、思った以上に快適でびっくりしました。わたしの部屋のロフトは、ベッド用の小さなものではなく、かなり広くて、屋根裏部屋のようになっていました。屋根裏なので、スペース自体は三角形でしたが、座って過ごすには十分でした。真夏は冷房が届かず暑いので下で寝ていましたが、他の季節はロフトで過ごしていました。何となく秘密基地のようで、落ち着いたものです。ローソファーのようなものを置いたりすれば、リビングのようにも使うことができますし、ベッドを置いて衣裳ボックスなどを置いておけば、衣裳部屋にもなります。こういう生活感があるものはロフトに置いておけば、リビングをきれいに保つこともできます。

二部屋ある物件はどうしてもお金がかかるのですが、ロフト付きならさほど高くなく、二部屋分のスペースを確保することができます。また、意外とロフトが使いづらいという人も多く、そこまで大人気ということでもないためか、空いている部屋も豊富です。競争率もさほどきつくない上に、家賃も比較的安め、その上二部屋分のスペースが使えるのですから、積極的に不動産屋さんに聞いてみてはいかがでしょうか。

Copyright (C)2017賃貸にかかる初期費用について.All rights reserved.