賃貸にかかる初期費用について

賃貸ロフト付きの物件で、ワンルームでも生活にメリハリを持たせることができる。学生の一人暮らしにはもってこい。

学生賃貸ならロフト付物件がおすすめ

一人暮らしを始め、一時期ふつうの賃貸のワンルームの部屋に住んでいましたが、まず不便を感じたのが生活スペースの使い方です。生活スペースなんて言っても部屋が一つしかないので、自ずと食事も余暇も睡眠も勉強も、同じスペースになるわけです。元来片付けが上手なほうではないので、一か所で様々なことをやるとすぐに部屋が散らかっていました。

そんな部屋に2年ほど住んだ後、引越す機会がありました。まだ当時は学生だったので、もちろんワンルーム。しかし新しい物件にはロフトがついていたわけです。中二階のようなスペースのことです。ワンフロアと言いながら、ちょっとした空間がもう一つあることになりますから、私にとっては生活スペースの使い分けができ、とても使い勝手のよい間取りでした。ロフト部分は基本的に睡眠スペースとして使っていました。結局部屋は相変わらず散らかった状況に変わりはなかったのですが、それでも生活の中にメリハリのようなものが生まれ、生活環境がぐっと良くなったように感じたものです。ロフト部分を勉強スペースに使用している友人がいますが、そういった使い方含め、ツーフロアあると、様々な選択肢が広がるのだろうと思います。一人暮らし学生にはお勧めの間取りです。

Copyright (C)2017賃貸にかかる初期費用について.All rights reserved.