賃貸にかかる初期費用について

1Kの賃貸物件に住む場合、ロフトがあると非常に便利です。ロフトは収納スペースや金庫としての役割を果たします。

ロフト付きの賃貸物件について。

私は以前、ロフトがある賃貸物件に2週間だけ住んだことがあります。ロフト付きの物件は、収納スペースが広く取れるし、見栄えもそれなりに良いしで、私としては非常に使い勝手が良かったと思います。ただ、2週間しか住んでいなかったため、荷物は少なく、ロフトが収納スペースとしての役割を果たすことはありませんでした。荷物はダンボール二箱ほどしかなく、ほとんど部屋に出しっぱなしでした。ロフトの一番上部に布団を敷いて寝る事が、当時私としては斬新でとても楽しかったのを覚えています。

最大の利点としては、タンスなどの小物を全てロフトの中に入れてしまえば、部屋がすっきり見えて良い、ということだと思います。特に、1Kの部屋に住む場合で部屋にロフトがついていた時に、そのありがたさを実感することでしょう。もしお客様を部屋に招く機会があっても、部屋に出していて恥ずかしい物は全てロフトに入れてしまえばいいので、そういう意味で非常に便利です。1Kの部屋だと、収納スペースは非常に限られてきます。下着を入れたタンスなどを部屋に置かずにロフトの中に収納しておけば、恥ずかしい思いをしなくてもいいし、扉がついているため、ちょっとした金庫のような役割も果たしてくれるので、何かと便利です。

Copyright (C)2017賃貸にかかる初期費用について.All rights reserved.